ホームページリニューアルのやり方やタイミングについて解説します

ホームページのリニューアルでは何をするのか

ホームページのリニューアルでは、Webサイトのページ構成やデザイン、構築しているシステムの変更を行います。これは単にサイトが古くなったからデザインを新しくする……ということではありません。ビジネスの目的を明確にし、それを叶えるためにはどういったホームページにすれば良いかという観点でリニューアルをしないと、効果がみられなかったり逆効果になることがあります。

そこで本記事では、ホームページリニューアルをすべきタイミングや、リニューアルの進め方について解説していきます。興味のある方は是非、参考にしてみてください。

リニューアルのタイミング

ホームページのリニューアルを検討すべきタイミングは以下の通りです。

デザインが古いと感じる

特に昔からある企業や個人ブログに多いパターンですが、デザインが古く最近のイメージに合わない場合があります。ホームページのデザインが古臭いと、どうしてもユーザーからの印象が良くありません。

現在も存在していて、最新の技術やサービスを提供しているイメージを持ってもらうためにも、5年以上前からデザインを変えていない場合は、リニューアルを検討した方が良いでしょう。

CMSを導入したい

CMSはコンテンツ・マネジメント・システムのことであり、コーディングの知識がない方でも簡単にページの追加や更新、変更ができるシステムです。継続的にホームページのコンテンツを投稿している場合は特に、このCMSを導入することで、サイト運用を効率化することができます。

Webユーザビリティを向上させたい

ユーザビリティとは簡単にいえばユーザーにとっての使いやすさ、見やすさのことです。例えば見たいページへの行き方が複雑であったり、ページの表示速度が遅いと、それだけでユーザーは簡単にホームページを離れてしまいます。こういった問題点を改善するのもリニューアルの目的です。

レスポンシブデザインにしたい

最近では何でもスマートフォンで検索する方が多いですよね。そのため、ホームページがスマートフォンに合わせたレスポンシブデザインになっていないと、とても見にくく印象が悪くなります。スマートフォン用のデザインを作っていない場合は、早急にリニューアルを検討しましょう。

ブランディングを強化したい

ビジネスをする上でブランディングは欠かせません。しかし、ホームページが現在のビジネスのブランディングに合っていなかったり、ブランディングに役立っていないこともあります。こういった場合は、現在のビジネスにおけるブランディングとマッチしたホームページにする必要があります。

ホームページリニューアルの進め方

ここからはホームページリニューアルをする際の、具体的な進め方について紹介します。

リニューアルの目的を明確にしよう

はじめに、現状のホームページの課題や問題点を洗い出します。特に経営課題は何か、そしてそれを改善するためのホームページはどういったものか、そういった点から現状との違いを分析していくことが大切です。

ホームページを担当している人や部署だけではなく、社内の様々な人からヒアリングするなどして、多角的に問題点を見つけていきましょう。

競合サイトの分析

続いて、競合サイトの分析を行います。特に競合他社や、ブランディングが似ている企業のホームページは参考になります。どういった点が優れているのか、また自社にしかない強みは何か等、より良い部分は取り入れつつ、独自性を出すポイントを見つけていきます。

要件定義

サイトリニューアルの目的と解決したい課題、具体的な施策を要件定義として整理していきます。Webサイトの構築方法も、HTMLやCSSでコーディングするのか、CMSで構築するのか等、この段階でしっかりとつめていきましょう。RFP(提案依頼書)を作成するのもおすすめです。

サイトの設計

ここまできたら、Webサイト全体の設計図である『サイトマップ』を作成していきます。また、ワイヤーフレームや、ロゴ、バナー、CTAなども作り、Web制作段階に入ってから『思っていたのと違う』『必要な要素を入れ忘れた』という事態にならないようにしましょう。

デザイン決め

サイト構造が定まったら、ようやく具体的なデザインについて確定させていきます。この時注意したいのが『おしゃれなデザインを追求しすぎて、本来の目的から外れてしまう』ことです。

あくまで優先すべきは、これまでの段階で見えてきた課題を克服するためのホームページにすること。そのため、自社のターゲットや課題に合うデザインかどうか、ユーザーが使いやすいデザインかどうか、という視点を大切にしてください。

Web制作

デザイン案の決定後は、いよいよWeb制作に着手します。Webサイトを作る時は、自社でやるパターンと専門の企業や人に依頼するパターンがあります。特にWeb制作を外に依頼する場合は、適当なタイミングでしっかりとコミュニケーションをとり、進捗具合などを確認していきましょう。

ホームページの公開

Webサイトの制作完了後は公開前にテスト・確認を行い、問題があれば修正をしていきます。そしてようやく完成となったタイミングで、サイトを公開、運用していくことになります。

まとめ

いかがでしたか。ホームページのリニューアルには検討すべきタイミングや、注意すべき点、また基本となるリニューアルの進め方があります。

『自社のホームページを改善して、ビジネスをより良くしていきたい!』と感じている方は、ぜひ本記事で紹介した内容を参考に、ホームページのリニューアルを検討してみてください。

執筆者情報

Ayumi Takamura

Ayumi Takamura

各種マーケティングツールを使いこなし、戦略から執筆まで一貫して任せることができるライター。検索結果上位表示実績も多数。